So-net無料ブログ作成

加藤紗里、痩せすぎてて引くわ・・・ 体重は病気レベル確定 [激芸能人]

最近何かと露出が多くなった
加藤紗里さんですが
痩せすぎてて引くほど怖いと
かなり話題になっています。

その体重は聞くまでもなく
40キロ代であることは
想像に遠くないです。。。

病気なんじゃないか???
薬なんじゃないか???
傷心なんじゃないか???

などなど憶測は絶えませんが
ホントのところは
どうなのでしょう?

【どろっどろの三角関係・・・】

狩野英孝さん、
まさかの二股疑惑で一気に注目の的になった
加藤紗里さんですが、

モデルさんだから
元々、高身長で身長167センチあります。

でも、その体重は画像などから見て
どう高く見積もっても40キロ代後半といったところではないでしょうか?

ちょっと人相が
変わってしまっている・・・と
心配になるほどガリガリです。

そのガリガリの原因こそが
狩野英孝さんと川本真琴さんとの

どろっどろの三角関係による
ストレスによる拒食症ではと
噂を読んでいるようです。

ただ、加藤紗里さんと川本真琴さん、
各メディアなどで
自分の思いを告げられてる
加藤紗里さんと

全く反論せずに
ストーカー呼ばわりされている
川本真琴さんでは

ストレスによって拒食症になるのは
どちらかというと
川本真琴さんではと
思ってしまいます。。。


【薬物について・・・】

今回の狩野英孝さんとの熱愛報道にて
薬物使用や
全身整形についても触れられていて

ヘルタースケルターなどと
が後を絶ちません。

ただ、これには
加藤紗里さんご本人も
大大激怒しているようで

書いた週刊誌を
いつでも名誉棄損で訴えるという
姿勢も見せているようです。

もし
薬物も全身整形も事実ではないなら
本当に早急に
名誉棄損の訴えを起こすべきではと
思ってしまいますよね。

最近は
元プロ野球選手の
覚せい剤所持や使用による逮捕が
大きく報道されていて

その陰に隠れてしまっている感は
多少ありますが、

まだまだ
名誉棄損ならきちんと訴えるべきです。

そこでもたつくから
怪しいとか言われちゃうんですよね。

まだまだ、この案件
ツッコミどころ満載なので
今後も追いかけて行きたいと思います。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

今井絵理子氏 自民党公認内定! 安保は? [激芸能人]

女性ボーカルグループ「SPEED」の
今井絵理子氏(32)の公認を
自民党が内定したと話題になっています。

過去にツイッターで安保法制について
「・・・戦争賛成派の方いますか?」
とつぶやいて
炎上したという出来事もあり

今後、
正式に自民党公認になった暁には
安保法制に関しては
避けて通れない模様です。。。


【目玉候補・・・だよね】

夏の参院選比例代表候補として
今井絵里子さんが内定という
びっくりニュースが飛び込んできました。

とりあえず
どうした自民党という感が満載ですが
よくよく思い出せば

毎回毎回選挙の度
誰かしら芸能人が候補者として
上がっていますね。

そのまま当選されて
議員先生になられて方もいますし
残念ながら落選された方もいますが

今井さんは
現時点ですでに
今年の目玉候補として騒がれていますので

当選しても落選しても
かなりの注目度になりそうです。

これ以上の弾が
他の党から出てくる可能性も
限りなく低いですしね。


【で、どうした自民党・・・】
今井さんは過去に
安保保障関連法案に反対するような
趣旨のつぶやきを上げて
その後大炎上したという過去があります。

昨年8月15日「終戦の日」
自身のツイッターで

「戦争を経験した方で
戦争賛成派の方いますか?
もしそういう方がいらしたら、
どうして賛成なのかを聞きたい。

戦争を経験していない人が賛成!
というのは、
どこか説得力がないでしょ。

今の日本の流れを拝見すると、
どこかプチ戦争なら賛成!
みたいに見えるのは
わたしだけでしょうか?」

とつぶやき大炎上。

さて、そんな
安保保障関連法案に
反対の趣旨
つぶやいたことのある有名人を
候補者としてあげる意味は
どこにあるのでしょうか?

反対意見の人を候補として
取り入れることで
懐の深さをアピール出来て
反対意見の人とも
十分議論しているようにも見せることが出来る。

そのあたりが
落としどころなんでしょうかね?

もしそうだとしたら
大変レベルが低く感じてしまいます。

本人も事務所も
この報道を認めていませんが
ここまで報道されていれば
立候補するのでしょう。

税金の無駄使いと言われないような
中身の濃い選挙になることを望んで

この話題をさらに追いたいと思います。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。

清原容疑者、現行犯逮捕。覚せい剤0.1グラム所持 [激スポーツ]

元プロ野球選手の
清原和博(48)容疑者が
現行犯逮捕されました。

2月2日、
東京都港区東麻布の
自宅マンションにて
覚せい剤0.1グラム
所持していた疑いがもたれています。

TBS系「NEWS23」で
清原容疑者が警察関係者に
連行される様子が映し出され
衝撃が走りましたね。。


【間違いありません・・・】

2月2日午後8時48分ごろ
東京都港区東麻布の
自宅マンションにて
覚せい剤0.1グラムを
所持していた所を

警視庁の捜査員に現行犯逮捕され、
覚せい剤は  私のものに間違いありません」

容疑を認めています。

以前週刊誌で、
清原容疑者が覚せい剤を
使用しているのではないかという
疑惑があると報道されましたが

その記事が載ったのは
2014年3月のことですので

すでに
2年が経とうとしている訳ですね。

当時から
覚せい剤を使用していたとすれば
かなり長い期間
使用していた事になります。

今の段階ではあくまでも
覚せい剤所持ですので

今後は、
覚せい剤の使用についても
厳しく取り調べを
受けることになるでしょう。


【長嶋茂雄氏から激励されたばかり・・・】

週刊紙の掲載から
バッシング報道も過熱して、

少しずつ公の場から
姿を消すようになった
清原容疑者ですが

ここ最近では
バラエティなどをはじめ
テレビ出演なども増えていました。

今年に入っても1月11日に
ヤフオクドームで行われた
名球会のイベントに参加しており

現役時代にしのぎを削った
佐々木主浩さんと対戦するなどして
イベントを盛り上げました。

その名球会のイベントで同席した、
ジャイアンツ時代の恩師である

長嶋茂雄氏からは

「野球人生はこれからだ」
激励されていたそうです。


【プロ野球界の汚点・・・】

その激励に対し
「お世話になった野球界に恩返しがしたい」
と誓っていたと報道されましたね。

具体的に2月1日にキャンプインした
各球団へのキャンプ地の訪問を
計画されていたようですが

今回の逮捕で
全てが吹っ飛んでしまいました。

2月1日からスタートした
プロ野球のキャンプ情報よりも
自身の逮捕劇の方が大きく大きく
報道されてしまうのは確実ですので

恩返しどころか
プロ野球の汚点として
野球界に取り返しのつかない
大変な迷惑をかけてしまいました。

過去に覚せい剤で
逮捕された有名人、芸能人のその後は
それはそれは悲惨です。

これまで清原容疑者は
一般人よりも派手な生活をしてきた分

今後のギャップは
半端ではないものでしょう。


今後の報道にも
注目していきたいと思います。

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

清原和博、逮捕!! 覚せい剤所持で!! [激スポーツ]

【清原和博、こんどは本当に逮捕!!】

元プロ野球の清原和博容疑者(48)が
2月2日、午後11時頃、
港区の自宅で任意同行を求められ
そのまま逮捕されました。

容疑は
覚せい剤所持のようです。

グレーのスウェット姿で
捜査員数人と自宅マンションをでる姿が
テレビで流れました。

この衝撃は
スマップ解散の比ではない。。。

清原容疑者には
常に疑惑が付いて回っていたが
疑惑のまま、かなりの時間が流れていて

「やっぱり噂っだったのかな・・・」と
思い始めていたこの頃だっただけに
周囲に与える衝撃も
半端ではないはずです。

つい最近、ダウンタウンとテレビ出演し
浜ちゃんに
「キヨ、やってないな?」
と冗談半分、本気半分のような感じで
ツッコまれていましたが

はっきりと
「やってないです」と
明言していましたね。

今となっては
あんなやり取りの最中も
目の前の人を
欺いていたことになってしまいます。


【妻と子供】

以前、週刊文春の記事で

「清原の妻・亜希さんは“最近、
夫の様子がおかしい
暴力的になり、すぐ激昂する。

刃物を持って追い掛け回されたこともある
と、複数の親しい知人に相談しているのです」
(清原と親しい友人B氏)

という記事が載ったこともあるが
今となれば本当の事だったのだろうと
推測が付いてしまいます。

そりゃ、離婚しますよね。。。

さぞ怖かったことでしょう。

お子さんもまだ小さく
この先の影響がとても心配です。

自分を自制できなかった
清原容疑者がやってしまったことは

申し訳ないでは済まないほど
周囲の人の心に
大きな大きな爪痕を
残してしまいました。


【週刊文春か清原容疑者か】
最近も
ベッキーとゲスのボーカルの件や

甘利元大臣の収賄疑惑など
ホームランを連発している
週間文春。。。

結局、
清原容疑者もクロだったとなれば
これも文春の
ホームランだったことになります。

現役時代の
清原容疑者を思わせる
週刊文春の
ホームラン連発の活躍は

現役引退後、
ポテンヒットしか打てなかった
清原容疑者とは対照的に思えます。

今後の報道が気になる所ですが

取り調べが進む中で
少しずつ事実が
明るみに出ることを祈ります。

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。