So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年 うるう秒の影響って? [激ニュース]

2015年に実施されるという
うるう秒」の追加補正の影響
気になりますね。

「~閏~うるう」とは

1年の日数や月数が普段より多いこと
1日の秒数が普段の日より多いこと
を指すようです。

さてこの「うるう秒」とは
僕らの暮らしに実際どんな影響を
与えるのでしょうか???


◆うるう年

現在用いられている太陽暦は
1年365日です。

しかし、実際には
地球の回転する周期は
1年365.2422日。

なので
4年に一度だけ「うるう年」にして
2月を1日増やしています。

それで
「ハイ、リセット
となるわけですが

では
「うるう秒」って何なんでしょう?


◆うるう秒

先ず、地球の回転速度が
一定じゃないらしいのですが
そこに驚きました。。。

1日、1回転
自転している地球のその速度に
実はムラがあったりするらしいです。

そしてそのムラから生じる時刻のズレが
プラスマイナス0.9秒以内におさまるように
「うるう秒」を差し込んで
調整するようです。

すでに1972年から現在まで
実に25回もうるう秒の差し込みが
行われてきました。

そして今年2015年にも実施されます。

2015年7月1日AM8時59分59秒の後、
AM8時59分60秒が差し込まれて

そのあとに
9時00分00秒になるようです。

何だか不思議な感じですね。

さて、
では、この「うるう秒」は
僕らの周りに、
どんな影響を与えるのでしょうか?







◆うるう秒の影響

真っ先に考えられるのは
電波以外の時計ですかね。

それらは自分で
生じた1秒を調整しなければいけません。

電波時計に関しては
その後、自動補正してくれるようです。

パソコン、スマホなんかも
自動補正の対象ですね。

ちなみにNHKの時報は
同じタイミングで1秒補正するのではなく
0.01秒ずつ100秒かけながら
補正するそうです

大変そうですが
違和感はまったく無さそうですよね。

インターネットのサービスに関して
前回の2012年は、
多くのトラブルがあったようですが

Googleなどはすでに今回は対策済みのようです。

基本的には
各個人で自分の周辺の影響を
見つけていくしかないと思いますが
なかなかめんどくさいかもしれませんね。

僕も、見て見ぬフリをせずに
自分の身の周りなどを
しっかりと確認したいと思います。

最後まで読んでいただきまして
誠にありがとうございます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。